【無料】日本でアクセスできない海外サイトを見る方法

海外の動画サイトを視聴したいけど、ブロックされて見れないんだよね。

どうすれば閲覧できるのだろう?

海外のサイトを見ようとするとアクセスできないことがあります。

特に中国のサイトは日本にアクセス制限を掛けている場合が多いです。

PANDORAやYOUKUなどの動画サイトは大体日本だと視聴できません。

他にも通販サイトも制限が掛かっている場合が多いです。

この記事では日本のアクセスを制限しているサイトを閲覧できる方法について紹介しています。

日本で見れない海外サイトを無料で見る方法

  • 無料のVPNサービスを利用する
  • プロキシサーバーを利用する

日本にアクセス規制があるサイトを視聴するには、上記二つの方法があります。

海外のサイトでアクセスできない理由はグローバルIPアドレスが原因となっていて、このIPアドレスによってどこの国からアクセスしてきているか判別することが出来ます。

そのためサイトがアクセスを許可していない国からアクセスがあった場合に弾く仕組みとなっています。

プロキシサーバーやVPN接続で日本以外のサーバーを経由することにより、IPアドレスを偽装することが出来ます。

これによりアクセス規制のあるサイトを閲覧することが可能になります。

VPNとは

VPNとは仮想専用線のことです。
仮想の専用回線を設定し通信情報を暗号化することで、匿名性の高い通信が出来る仕組みのこと。

プロキシサーバーとは

プロキシサーバーとはインターネットのアクセスを代理に行うサーバーのこと。

VPNとプロキシの違いについて

VPNとプロキシはどちらもサーバーを経由してサイトにアクセスし、IPアドレスを隠すことが出来るというのは共通しています。

ただVPNとプロキシの大きな違いは通信情報を暗号化出来るかどうかが大きいです。

特にVPNはOSレベルで情報を暗号化するので、インターネットに加入しているプロパイダにも跡がつかないレベルで匿名化することが出来ます。

その点プロキシサーバーは暗号化する機能がないので、セキュリティ面では劣ります。

無料で使用できるVPN3選

海外サイトの閲覧や動画を視聴するだけであればお金を掛けたくないですよね。

そこで無料で利用できるVPNを紹介します。

  1. VPNGate
  2. ProtonVPN
  3. Opera

VPNGate

VPNGateは筑波大学における学術的な研究を目的として実施されているオンラインサービスで、世界中でボランティアでサービスが提供されています。

なのでお金を使わずにVPN接続をすることが可能。

ただ気を付けておきたいのがサービスを提供しているところの所在が不明なので、信頼性に欠ける点です。

サーバーの提供元によっては個人情報を悪いことに使用する可能性もあるので、必ずしも安全とは限りません。

ProtonVPN

ProtonVPNは有料のVPNサービスですが、一応無料で使用することが出来ます。

無料版が有料版に劣る点は

  • 通信速度が遅くなる
  • 利用できるサーバーの数が少ない

などの問題があります。

あとサイトが日本語対応でないため、少し購入の敷居が高くなっています。

OperaVPN

ブラウザのOperaには標準でVPN接続できる機能が搭載しています。

ただ欠点があり

  • VPNの接続先が選択できない
  • Operaが中国に買収されたためセキュリティ面で信憑性に欠ける

そのため専門的にVPNのサービスを提供しているものと違い使い勝手が悪いです。

特に中国に買収されているため、LINEのように情報が漏洩されているリスクもあるので注意が必要です。

クレジットカードなどの個人情報を入力するのであればOperaのVPNを使用しないか、有料のVPNのサービスを利用した方が良いでしょう。

まとめ

海外のサイトや動画を見れない場合はVPNを利用するのがオススメ。

お金を掛けたくない人は数は少ないですが無料でVPNを利用できるところもあるので、そちらを活用しましょう。

ただし通信速度やセキュリティ面、接続できる地域の数が少ないことが多いです。

今回紹介したVPN以外にも無料で利用できるところはありますが、通信制限が厳しいなどの制約が多いです。

インターネットをよく使う人であれば有料のVPNの方がいいですが、そうでないのであれば無料のVPNでも問題ないですね。