(実録)自宅で出来る!ウィルス性イボを2週間で治す方法。

こんにちは、カナハクです。

私は29歳になった年に、急にイボ(ヒトパピローマウイルス)が頻繁にできるようになりました。

皮膚科に行くようになったのは、26歳位の時です。

右目の上に小さいけど、目立つ場所に絶妙な位置にイボが出来たのがキッカケです。

皮膚科でのイボの治療

皮膚科でのイボの治療と言えば液体窒素、皮膚科に行けば大体この治療が行われます。

でも液体窒素って美容に大敵です。

液体窒素治療のデメリット

  • 肌に色素が沈着して、跡が残る。
  • 激痛
  • 必ず治るわけではない。

痛みに関しては私はあまり痛いと思わなかったのですが、普通は痛いようです。

私が出来たイボは、瞼の上と手の人差し指です。

この2つのイボは、一応2件の病院でも見てもらいました。

指のイボは2件目の医者から”ヒトパピローマウイルス”とハッキリ診断されたのですが、瞼の上の小さなイボは1件目、2件目ともノーコメントでした。

そして、液体窒素で瞼の上のイボらしき物指のイボを焼いてもらいました。

その結果、

・指のイボは全く効果なし。

・瞼の上のイボは一応治すことが出来ました。

指のイボは治らなかったし、瞼のイボも全て液体窒素で焼いてもらわなかったので、どうにか自分で治せるかどうか調べてみました。

ウィルス性のイボは木酢液で治る!!!

指のイボは液体窒素では全く効果がなかったので、インターネットで調べた結果木酢液が効くという情報が出てきました。

実際試した結果、指のイボは2週間で完治しました。

指のイボは出来てから3ヶ月放置していて、皮膚の奥の方まで侵食していたのですが、あっさり治ったので驚きです。

大体1週間位で明らかに効いているのが分かります。

治療をしている間に、最初に出来た指のイボ付近に新しいイボが出来たのですが、3日で治すことが出来ました。

※瞼の上のイボにも試したのですが、今思えばやり方が悪かったためか効果がありませんでした。

木酢液でイボの治療する方法

夜寝る前にガーゼでもティッシュでも良いので、木酢液を浸した物をイボにつけて、テープで固定するだけでオッケーです。

そして、朝起きたら外していつもどおり生活して下さい。

私は、最初朝から夜までテーピングして酢をつけていましたが、そこまでする必要ないように思います。

スーパーでも買えるリンゴ酢もイボに効く

目の上のイボはリンゴ酢を使って治療しました。

私が買ったリンゴ酢は、”ミツカンの純リンゴ酢”です。

飲料水と醸造酢2つ種類がありましたが、今回醸造酢を選びました。

見た目美味しそうですね。

でも匂いはまんま酢です。

私は肌が弱いと思っていますが、そんな私でも意外と肌がかぶれたりしませんでした

※個人差があると思いますので、皮膚に合わないと思ったら使用を辞めておいて下さい。

低刺激。顔に貼っても荒れなかった肌に優しいテープ

指のイボはテープのことなんか何も気にしなかったですけど、顔は何でも良いってワケではないですよね。

私も実際に顔に酢をつけるのも、テープを貼るのも抵抗がありました。

そこで皮膚に易しいテープ無いかなと思って探したら、”肌に優しいばんそうこう”って商品があったので使用してみました。

使ってみた結果、最高でした。

この商品の良い点をまとめてみました。

  • 商品名の通り、肌に優しくかぶれなかった。
  • テープを手で切ることが出来る。
  • 蒸れない
  • 粘着がよく外れないうえ、テープを外す時も痛くない。

指のイボは、特殊な繊維で出来ていてテープを巻かなくてもくっつくという包帯を買いましたが、結局外れたのでセロテープで固定してました。


↑くっつく包帯

最後に

30歳手前になって急にイボが出来るようになったのですが、日常生活で支障が無いためあまり気にしませんでした。

ですが、放って置くとどんどん繁殖するし、悩みを抱えていると精神的にも良くないです。

それがストレスになって普段の生活だけじゃなくて、人生にも悪影響してくるので、不安要素は出来るだけ排除しておいた方が良いと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です