【グラサマ】サクの評価。水属性の敵に強いアタッカー。

サクは対水属性の敵に特化したアタッカー。

この記事ではサクの評価やオススメの装備について紹介しています。

サクの評価

アビリティ
・カイガン状態のとき、水属性の敵に対してダメージ50%UP・スキルCT速度200%UP

・水属性の耐性20%UP

サクは水属性の敵に強いキャラで、水属性に対して

  • ダメージアップ
  • 被ダメージ軽減

できるキャラ。

奥義で高確率で毒状態に出来るので、毒状態にしないと攻撃が通らないような敵と戦うときに有効なユニットです。

装備枠も攻撃と防御が使えるので、アタッカーとしては悪くない性能です。

とにかく水属性の敵に対して、攻守ともに優れている

サクは水属性の敵に対して強くなるようなアビリティと奥義の効果を持っています。

アビリティには水属性に対して1.5倍のダメージになるので、真奥義のダメージ倍率は50000%くらいの火力を出すことが出来ます。

しかも真奥義には味方全体の水属性耐性を上げれるので、敵から受ける水属性攻撃は30%くらいカット出来ます。

さらにサクのアビリティには自身の水属性耐性を20%アップする効果もあるので、真奥義と組み合わせるとダメージが半減できます。

氷結も無効に出来るので、攻撃力が高い水属性のボスと戦うときに有効なキャラです。

奥義ゲージが溜まりやすい

サクの長所はカイガン状態になるとスキルの溜まるスピードが3倍になり、スキルを約3秒毎にうてるようになります。

サクのスキルには奥義ゲージを10もアップ出来るので、カイガン中は奥義ゲージが非常溜まりやすくなります。

なのでクエスト開始時にすぐに真奥義まで貯めれるようになれば、割と早くサクを使いこなすことが出来るようになります。

水属性以外の敵だとあまり活躍出来ない

サクは対水属性の敵に特化しているため、使用用途が限られてきます。

使用用途が限られているキャラは、上位クエストで上級者になると使うようになりますが、

初級者・中級者くらいなら、オールマイティに使えるキャラの方が使いやすいです。

なので、汎用性が低いので初心者向けではないことが欠点です。

サクのオススメ装備

攻撃装備

エフケリア

伊座那祇

アネストラ

ヴィーペラ

ブレイガノン

キサラギの真装備 真辻風は交換するべき?

サクの真装備は交換しないほうがいいです。

その理由は真装備のアビリティがあまり強くなくて、サクのダメージアップと耐久度が上がる程度だからです。

サクの用途は水属性の高難度クエストで、水属性を耐性を上げて中長期で戦うキャラで、あまり火力を重視するタイプじゃないからです。

装備自体は樹属性パーティでワンパンするときに使えそうですが、代用が効くのであまりオススメ出来ないです。

まとめ

サクは水属性と戦うときに非常に役立つキャラで、攻撃と守備両方行える優秀なキャラ。

ただし限られた条件下で強いので、汎用性がないのが欠点。

カイガン出来れば奥義ゲージは溜まりやすいが、序盤は真奥義まで貯めるのに時間が掛かるので、初心者向けでもないです。

奥義ゲージを上昇出来るキャラと装備が整っていれば、育ててもいいキャラ。

ただし、必須級のキャラではないので、序盤はよく考えて覚醒した方が良いですね。