【グラサマ】ベルの評価。麻痺耐性100%、水・光属性の敵に火力アップも出来るヒーラー

ベルはメインの役割はヒーラーですが、強力なバフ能力がありサブアタッカーとしても使えるキャラです。

この記事ではベルの評価について解説しています。

ベルの評価

アビリティ
・光属性の耐性20%UP

・味方全体の最大HP10%UP(重複なし)

ベルは水と光属性の敵に対して味方全体の火力を1.5倍に出来て、サブアタッカーとしての役割をこなすヒーラです。

奥義の回復量はアリステラに劣りますが、樹属性パーティで統一させることで、真奥義並みの回復量になります。

麻痺耐性も上げることが出来るので、雷鳥トニトゥルスなどの麻痺を付与してくるボス相手だと活躍します。

ベルは基本的には中級者以上で使えるキャラ

ベルはスキルの高い奥義ゲージアップ量と、援護装備5をもてるので、序盤でも一応使えるキャラではあります。

ただ序盤は純正のヒーラーよりも、フィーナや桜ミラなどの攻撃と回復を同時に出来るようなキャラの方が扱いやすいです。

あと奥義は樹属性キャラじゃないと回復量が少ないので、樹属性パーティを組まないとあまり強くないです。

属性統一パーティは中級者以上でないと編成しずらいので、ベルはあまり初心者向けではありません。

難易度が高いクエストでお呼びになるキャラ

ベルはどういったときに活躍するかというと、

  • 試練の回廊20階
  • 属性の遺跡
  • 光精の聖域

などの難易度が高めのクエストで活躍します。

例えば試練の回廊20階だと、トニトゥルスの麻痺が強力で、麻痺を受けると勝率が一気に下がります。

防御装備のヴァイパーなどで麻痺を防げますが、防御装備枠を二つ以上持てるようにパーティを編成しなければなりません。

これが結構難しかったりします。

ですがベルがいると奥義で回復と麻痺対策ができ、効果持続時間も長いです。

あと属性の遺跡でも活躍出来ます。

  • 奥義の高い回復力
  • 真奥義の高性能のダメージバフ
  • 種族が精霊族
  • アビリティの味方全体最大HPアップ
  • 属性の遺跡限定装備を3つ装備することが出来る

ベルはワンパンするのに最適

ベルは敵の属性によってはワンパン出来ませんが、水属性と光属性が相手なら、

味方の属性を気にする必要がなく、パーティ編成が可能です。

さらに援護装備5を持つことが出来るので、ワンパン必須装備の

  • ゲシュペンスト零
  • アメルのレターパック

を持たせることが出来ます。

ベルのオススメ装備

ベルの装備は定番装備が決まっているので、用途に合った装備を選ぶようにしましょう。

援護装備

定番装備
★5
・従魔の心玉
・アメルのレターパック
・ゲシュペンスト零
・プロニモス
・グルーヴルム

★4
・ケイオン:装備チケット
・テラコンジャンクション
・霊夜露のピアス
・リュードマクス:イベント
・デウスボルタ:巨大ボス
・オールアコニ:イベント
・アークイグニ:外伝

★3
・巫女の水瓶

回復装備

定番装備
★5
・白姫聖翼
・魔映の邪宝珠
・ディエウェルト(樹限定)

★4
・命恵のネックレス
・フォスケラト
・イルローザ
・ネクロクレス

魔法装備

ピエロクリムゾ

トレランツァス

エインフォルド

まとめ

ベルは奥義ゲージが溜まりやすいヒーラなので初心者でも使えなくはないですが、序盤はシールドと自然回復を付与するキャラを使った方が、戦い方としては初心者向けです。

ですが奥義の麻痺耐性や真奥義の火力アップは、中上級者になると生きてきます。

序盤は優先的に育てる必要はないですが、あとあと使い道があるので持っていて損はないですね。