【グラサマ】ボーゲンの評価。ボスを2回連続ブレイクできるアタッカー

 

ボーゲンはボスをブレイクすることで火力アップ出来るアタッカーです。

この記事ではボーゲンの性能について解説しています。

ボーゲンの評価

アビリティ
・人族に対してのダメージ70%UP

・相手の防御力を40%無視してダメージを与える

・敵ブレイク時、自身のクリティカル率30%UP・クリティカルダメージ20%UP

ボーゲンは敵をブレイクさせることで、敵に大ダメージを与えることが出来るアタッカーです。

ブレイク中は自身の火力がアップするメリットがありますが、メインはボスのブレイク時間を長引かかせることです。

ブレイク中に真奥義を発動するとボスを再びブレイクすることが出来ます。

ブレイク直後にボーゲンの真奥義を使うよりかは、ボスのブレイクゲージがある程度溜回復してから真奥義を発動した方が効果的です。

アビリティに敵の防御力の40%を無力化出来るので、ダメージが通りやすく、クリティカルダメージを出し辛い序盤は、ダメージソースとなるでしょう。

ブレイク中に強化できるキャラと相性がいい

ボーゲンはエストなどの、ボスをブレイクすることで火力アップ出来るキャラなどと相性がいいです。

もしくはプラチナなどのブレイク力の高いキャラと組み合わせるのも効果的。

ただしエストなどのブレイク時に火力アップ出来るキャラは、攻撃一辺倒であることが多いため、パーティ全体が攻撃に寄りすぎて扱い辛いという欠点はあります。

奥義ゲージが上昇しやすい

ボーゲンはスキルの奥義ゲージアップ量が高めです。

奥義を使用するとスキルのCT速度が4秒以下になるため、奥義と組み合わせることで奥義ゲージが溜まりやすくなります。

ボーゲンは奥義を発動するだけでも使えるので、序盤のうちはアタッカーとして活躍出来るでしょう。

装備枠は全て物理枠ですが、正直限界突破をしなくても、物理5を1個使えれば十分でしょう。

ブレイク時以外はあまり使えない

ボーゲンはボスをブレイクしないと使いどころがないため、あまり活躍の場がありません。

真奥義でボーゲンの火力を2倍にすることが出来ますが、もともとの火力が低く、ブレイク中でも46000%程度です。

そのためどうしてもエストやアロスデアと比べると性能がショボく感じてしまいます。

ボーゲンのオススメ装備

ボーゲンはブレイク中に大ダメージを与えたい場合は、怨命晶ラグシェルムなどの火力重視の装備でいいでしょう。

ただボーゲンを序盤で使うのであれば、奥義を連打した方が強いので、装備は奥義ゲージを上昇出来る装備の方がいいでしょう。

物理装備

まとめ

ボーゲンは唯一ボスのブレイク時間を延ばす能力がありますが、正直言うとそこまで価値のある能力ではありません。

奥義を使用することで奥義ゲージが溜まりやすくなるので、序盤で活躍出来るキャラ。

中上級者になると全く使わないキャラなので、限界突破石を使うのは辞めておいた方が良いです。