【グラサマ】ポーラの評価と使い方。毒と麻痺、2種類の状態異常を付与。

ポーラは常設キャラで主に敵を毒状態にすることに長けたキャラです。

この記事ではポーラの評価とオススメ装備について紹介しています。

ポーラの評価

アビリティ
・HPが10ずつ自然回復する

・氷結時間短縮率100%UP・氷結回避率100%U

・水属性の耐性50%UP

・味方全体が毒・麻痺状態の敵に対して命中率30%UP

ポーラは敵を毒と麻痺状態にすることが出来ますが、主に毒がメインのキャラクターです。

氷結耐性があり氷結状態にならないのが強みです。

2種類の状態異常耐性ダウン

ポーラは真奥義で毒と麻痺の状態異常を下げることが出来るので、毒耐性のあるボスに状態異常を付与させやすくなります。

奥義と組み合わせるとほぼ確実に毒状態にすることが出来るので、毒状態じゃないとダメージを与えられないボス戦で役に立ちます。

スキルの麻痺付与の確率は低いですが、真奥義で耐性を下げることで麻痺状態にしやすくなるので、敵の動きを止めやすくなります。

真奥義の火力が低い

ポーラは奥義の火力が、奥義にしてはものすごく高いのに、真奥義は火力が逆に小さいです。

なので真奥義のダメージ分の吸収効果に旨味がないです。

毒以外取り柄がない

ポーラは毒状態に出来る以外はなにも使い道がないのが欠点。

しかも毒自体が対してダメージを与えられないので、ダメージソースとしてはおまけ程度です。

奥義の毒は敵のHPが多いほど毒効果アップとかかれてますが、通常毒とダメージはほぼ大差ないです。

ポーラ以外に強力な状態異常耐性デバフキャラがいる

ポーラは毒と麻痺の耐性を下げれますが、現在では全体性の状態異常を下げるキャラがいます。

しかもデバフ率も非常に高く、ポーラは完全下位互換。

ただポーラの場合は奥義に毒状態付与があるので、とにかく毒状態にしたいのであればポーラのほうが使えます。

ポーラの使い方

ポーラは基本奥義を連打で戦った方が強いです。

真奥義を発動して耐性を下げて奥義を数回発動し、また真奥義の繰り返しでもいいですが、

常に毒状態にしておきたいボスの場合、奥義ゲージが追いつかないことが多いです。

他に状態異常キャラがいる場合は、真奥義も積極的に使ってもいいと思います。

オススメ装備

攻撃装備

エフケリア

イルジィオン

フォックス

回復装備

魔映の邪宝珠

滅堕の破弓

ディエウェルト

まとめ

ポーラはボスを毒状態にしなければならない時に活躍しますが、それ以外は性能が弱すぎます。

なので序盤は特に育てる必要はないです。

ポーラを育てるくらいなら他の常設キャラを育てた方が良いでしょう。