【グラサマ】キルラキルコラボ復刻当たりキャラ、リセマラランキング

この記事ではキルラキルコラボガチャの当たりキャラについて紹介しています。

性能の評価や用途、どのレベルまで使えるかなども紹介しています。

キルラキルコラボガチャの当たりキャラランキング

キャラの優先度
  1. 満艦飾 マコ
  2. 針目縫
  3. 鬼龍院 皐月
  4. 纏 流子

キルラキルのコラボキャラで当たりキャラはダントツでマコです。

マコは現在でも高難度クエストで活躍出来るレベルのサポーター件ヒーラーとなっており、性能もトップクラス。

光属性キラーでない限り幅広いクエストで使えるので優秀。

針目縫は火力が高く、味方の火力アップや敵の防御無視なども出来ますが、

  • 類似の性能のキャラは他にもいるので代用できる
  • 防御力100%無視が刺さるクエストが少ない

というのがマイナスポイント。

あと属性を統一しないと奥義のバフが真価を発揮できないので上級者向けのキャラとなっています。

皐月流子は火力は高いですが、効果が微妙で刺さるクエストがあまりないです。

皐月の絶氷はボスには無効の場合が多く、流子のブレイク中火力アップは効果が発動できる場面が少ないので扱いが難しいです。

なので序盤からずっと役に立つキャラが欲しいのであればマコ一択。

  • マコ:サポーター
  • 針目縫:アタッカー、バッファー、デバッファー
  • 皐月がアタッカー、ブレイカー
  • 流子がアタッカー

針目縫の評価

アビリティ
  • 味方全体の防御装備のCT速度10%UP(重複なし)

  • 人族に対してのダメージ60%UP

  • 呪い時間短縮率・回避率70%UP

評価:S

縫は真奥義のダメージ倍率が高く、火力でゴリ押しするタイプのアタッカー。

装備枠は全て★5の装備を持つことが出来、援護装備もあるので扱いやすく、ワンパンから長期戦まで幅広く使えます。

アビリティについてはそこまで強いものがなく、防御装備のCT速度アップは少し使える性能という感じです。

人族キラーや呪い耐性については、役に立つ場面は限られています。

防御力が高い敵に有効。クリティカル率上げなくても火力が出せる

真奥義のダメージ倍率は高い部類ですが、他の火力が高いキャラは10万%を超えもいるため、特別高いという訳ではないですね。

敵の防御力100%無視は序盤か高難度クエストで役立つ性能

クリティカルダメージを出せば敵の防御力関係なくダメージを与えることが出来ますが、序盤はクリティカル率を上げるキャラが揃っていない場合も多いので、そういった場合に縫の防御力無視の効果が使えます。

ただ中級者くらいになると常時クリティカル率100%にすることも可能になるため、防御力100%無視を使うことがなくなります

ですが一部の高難度クエストではクリティカルダメージを与えることが出来ない場面もあるので、特定のクエストで必須の性能になってきます。

また味方の奥義ゲージも上げることが出来るので、戦闘開始時に奥義ゲージを素早く貯めることが出来ます。

ワンパンをする時などに特に使える性能なので、奥義ゲージを上げる装備が少ない人にオススメ。

闇属性パーティの長期戦向け

奥義は味方の闇属性のダメージを30%アップ出来る効果で、闇属性パーティ向けの性能となっています。

ダメージアップは奥義の回数を積み重ねることで威力が増大するタイプのため短期戦には不向き

ですが効果継続時間が永続なので、主に長期戦で活躍出来る性能です。

バフ性能は高いですが闇属性統一パーティは敷居が高く扱い辛いので上級者向け

マコの評価

アビリティ
  • 物理ダメージ30%軽減・怯まなくなる
  • 装備スキルCT速度を10%UP
  • 自身の回復量20%UP(吸収攻撃は除く)

評価:SS

マコは今回のコラボガチャでの大当たりキャラ。
汎用性、使いやすさ、性能の高さどれをとってもすべて優秀です。

初心者から上級者まで使えるキャラとなっています。

真奥義だけで味方のサポートをほとんど出来る

マコの真奥義は敵にダメージを与えることはできませんが、その代わり

  • 味方の奥義ゲージアップ
  • HPの自然回復
  • 奥義ダメージを大幅に上げることが出来る

ので、真奥義だけで戦闘で必要なことを一通りしてくれます。

しかもマコの真奥義の凄いところは、奥義ゲージ上昇量や自然回復量、そして奥義ダメージの上昇量が高いということです。

さらに装備枠も優秀で援護5と回復5も持つことが出来て、サポートに全てを注ぎ込んだようなキャラになっています。

味方のサポートだけでなく、デバフも出来る

マコの真奥義は優秀ですが、それだけでなく奥義も非常に優秀です。

マコの奥義は敵の被ダメージを30%も下げることが出来ます。

被ダメージ30%ダウンの倍率は、全キャラ・装備と比べて+もかなり高いほう

しかも被ダメダウンは敵味方の属性を問わずダメージ量が上がるため、非常に使いやすいです。

あと敵の行動速度も下げることが出来るので、やたら手数が多くてすぐ奥義が溜まる鬱陶しいボスにも有効。

さらにスキルCT速度も1.5倍になるので、スキルで奥義ゲージが溜まりやすくなります。

鬼龍院皐月の評価

アビリティ
  • 自身のブレイク力20%UP・クリティカル率50%UP
  • 闇属性の耐性30%UP
  • HPが10ずつ自然回復する

評価:A+

皐月は火力とブレイク力が高いアタッカー。

性能的には弱くはないが変わりのキャラはいくらでもいるといったところです。

皐月が好きでどうしても欲しいという人以外は、特に狙わなくていいでしょう。

ブレイク力と火力が非常に高く、状態異常と耐性アップが便利

皐月の真奥義はブレイク力が高く、アビリティにブレイク力20%アップがあるのでブレイク性能は非常に高いです。

しかもダメージ倍率も高いうえ、氷結の上位互換の絶氷状態に出来るのも魅力。

一部の高難度クエストでは氷結状態にしないとダメージが通らないボスもいるので、特定のクエストでお世話になります。

さらに気絶以外の状態異常に掛からなくなるため、よくボスがしてくる暗闇状態も回避できるので、ダメージを与えやすいです。

あとアビリティにクリティカルダメージ50%アップがあるので、敵の防御力を無視してダメージを与えやすい。

そのため序盤のアタッカーとしては強くて使いやすくオススメ。

奥義が使い辛く、スキルの性能が低い

皐月の奥義はボスが奥義中に発動しないと効果が発揮しないので、タイミングがシビアで使い辛いです。

しかも奥義の効果が決まったところでブレイク力アップするだけなので、戦闘にほぼ影響ないのが悲しいところ。

敵のブレイクゲージはブレイク力を上げるよりも、敵のブレイク耐性を下げた方が削れるので、ブレイク力が高くてもあまりメリットはないです。

あとブレイカーってそもそも出番が少ないですね。

纏流子の評価

アビリティ
  • 自身の命中率50%UP・奥義ダメージ30%UP
  • 瀕死時、奥義ゲージが3ずつ自然回復する
  • 瀕死時、HPが40ずつ自然回復する

評価:A

流子は条件付きで高火力のアタッカー。

皐月と同じくこれといった能力がないので、いくらでも代えが効くキャラ。

性能を最大限まで活かすには初心者には難しい。

かといって上級者のプレイヤーが使うようなキャラではないですね。

真奥義が敵がブレイク中だと真奥義のダメージ15万%越え

流子はブレイク中だと真奥義のダメージ倍率が3倍になり、さらにアビリティにより奥義ダメージも30%アップするので、一気にボスのダメージを削ることが出来ます。

ただし流子の真奥義自体のブレイク力はないので、皐月などのブレイカーを一緒に連れて行かないと真価を発揮できないです。

アビリティに命中率50%アップがあるので、回避率が高い敵と戦うときなどでも使えます。

とはいっても回避率が高い敵ってそんなにいないので、そこもあまりメリットではないですね。