【グラサマ】サンストンの評価。盾役最強、防御装備2枠と被ダメージ軽減で上級者向け。

サンストンはディフェンダーで最高峰の性能を持つキャラで、超高難度クエストの攻略で上級者でも使用するキャラです。

この記事ではサンストンの評価について解説しています。

サンストンの評価

アビリティ
・自身の氷結耐性・麻痺耐性100%UP
さらに被ダメージによってのけぞらない

・瀕死時、奥義ゲージが3ずつ自然回復する

・味方全体の有利属性被ダメージ10%軽減(重複なし)

サンストンは敵からの攻撃を0にし、被ダメージを軽減できるディフェンダー。

ディフェンダーのわりに奥義のダメージ倍率も高く、敵を燃焼状態に出来るため、攻撃要素も兼ね備えています。

ディフェンダーで防御装備を二つ持てるのは、サンストンくらいでとても貴重。

援護4も持てるため、装備枠のバランスも非常にいいです。

ディフェンダーとしての能力が高すぎる

サンストンの強みは性能と汎用性の高いところで、

  1. 奥義の被ダメージ無効化値の高さ
  2. 真奥義で被ダメージを軽減できる

用途によって使い分け出来る超優秀なディフェンダーです。

奥義の効果の持続時間も長く、攻撃力の低い敵ならほぼダメージを食らいません。

さらにサンストンがパーティにいるだけで、アビリティにより味方の有利被ダメージが10%も軽減されます。

防御装備を二つ持つことが出来る

サンストンは防御装備5を二つ持つことが出来て、ディフェンダーではかなり貴重です。

防御装備5を二つ持つことのメリットは、ヴァイパーやガルガンチュアなどを交互にうつことによって、被ダメージ軽減をずっと維持できることです。

あともう一つは、クエストの難易度が高くなってくると、ボスの奥義を一発受けただけで全滅することがあります。

そういった時はシールドで無効化するだけでは足りなくて、被ダメージ軽減を重ねて耐える必要があります。

サンストンの場合は防御装備2つと真奥義を使用することによって、敵のダメージをほぼカット出来ます。

こういった理由でグラサマ上級者でもサンストンを使用しています。

サンストンは援護装備を持てるので、使いやすい

ディフェンダーは基本的に奥義ゲージがなかなか溜まらないので、サンストンも含めて少し使い辛かったりします。

ですがサンストンやファボルは援護装備を持つことが出来て、自身で奥義ゲージを上げることが出来るので、援護なしのディフェンダーよりか少しだけ使いやすいです。

ゴールドーラの適正キャラ

サンストンはグラサマ初心者の難所”ゴールドーラ”の討伐で活躍します。

ゴールドーラは火力が高いのに加えて、燃焼状態にしないとダメージを与えることが出来ません。

サンストンの場合は

  • 奥義の強力なダメージ無効化
  • スキルによる燃焼付与

を同時に行えるので、ゴールドーラの攻略がしやすくなります。

奥義と真奥義を交互にうつのは難しい

サンストンの性能をみると奥義と真奥義を交互にうつと強そうですが、サンストン自身が奥義ゲージが溜まりにくいので、

フェンなどのサポート役が二人くらいいないと、交互にうつのは難しいです。

特に超高難度クエストでサンストンを使う場合は、奥義を連打するので精いっぱいで、真奥義を使う余力がないです。

そのため序盤は奥義を連打だけのほうがいいでしょう。

サンストンのオススメ装備

防御装備

定番装備
★5
・ガルガンチュア
・ラーズ
・天上の衣ラドエル
・ディス・ジェイド
・オルグリオ
・ヴァイパー

★4
・ズィーケル:外伝
・ドーラメイル
・天井の衣ミカエル
・幻影騎士団の盾
・ファントムマスク

★3
・コルディアンスカーフ
・払暁の盾

援護装備

ケイオン

サンストンの真装備 真フラムバルドは交換するべきか?

サンストンの真装備は優先的に交換しましょう。

もちろん真装備のアビリティでサンストンの性能があがるのもメリットですが、防御装備としても超優秀です。

サンストンに持たせなくても使い勝手がよく、

  • CTが短い
  • 属性関係が無く、高い被ダメージ軽減効果

があり、汎用性が非常に高いです。

真装備交換チケットでも交換出来るので交換した方が良いですが、真伊座那祇も強力なのでどちらを選ぶか悩ましいところです。

まとめ

サンストンは奥義のダメージ無効化能力が強く、初心者でもオススメです。

ゴールドーラの攻略にも適正で、中級者の場合は試練の回廊21階、上級者の場合は試練の回廊25階で役に立ちます。

英雄交換チケットでも入手可能なので、余裕があれば入手したいキャラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です