YouTubeで韓国の動画が見れない場合の対処法

YouTubeで韓国の動画を視聴したいときに、

  • 動画を再生できません
  • お住まいの地域では視聴できません
  • お住まいの国では公開されていません

などの警告が表示されて視聴できない場合があります。

これは動画投稿者が視聴できる国を制限しているためです。

アクセスしている国の判別はIPアドレスで行われます。

日本のIPアドレスでインターネットに接続していると、日本からのアクセスと認識され、視聴が制限されます。

韓国の動画が視聴できない場合の対処法は、韓国のIPアドレスを使用することで視聴できるようになります。

海外のIPアドレスを使用する方法

海外のIPアドレスを使用するためには、VPNというサービスを利用することで可能になります。

VPNってなに?

VPNとはVirtual Private Network(仮想プライベートネットワーク)の略称で、ネット上に自分専用の通信経路を作る技術だと思ってください

通常のインターネット接続ではインターネットサービスプロバイダ(ISP)のサーバーを経由してネットにアクセスしますが、VPNを使用すると各国に配置されたVPNサーバーを経由してネットに接続します。

そのため、例えば韓国のVPNサーバーを経由すれば、IPアドレスが韓国のものになり、制限を回避することができます。

VPN接続って難しい?【答え:いいえ。滅茶苦茶簡単です】

VPN接続というと難しそうで、パソコンが苦手な人だと名称を聞いただけで拒否反応が起きる人もいるでしょう。

ですが安心してください。

VPN接続はアプリを立ち上げて、リストや地図上の国をクリックするだけでVPN接続は完了します。

細かい設定は必要なし。

もちろんスマホにも対応していて、iphoneやandroidも使用できます。

おすすめのVPNをすぐ知りたい人はコチラ

VPNサービスは無料のものと有料のものがある

VPNサービスは通常有料で提供されていますが、無料のものも存在します。

ただし、無料のVPNはデメリットがあまりオススメ出来ません。

無料VPNのデメリット
  • 無料なのでサーバー側のセキュリティが貧弱
  • 通信量に制限がある
  • サーバー提供者の身元が不明なので、信頼できるかの判別が困難
  • 情報を悪用される可能性がある
  • ログが残る

特に懸念されるのは、サーバー提供者の所在が分からずログが残ることです。

たとえば無料で有名なのが筑波大学のVPNですが、数あるVPNサーバーの中から自分で信頼できるサーバーを選ぶ必要があります。

また信頼できるVPNサーバーかどうかも確認することも困難で、VPNサービスの提供者が個人情報を漏洩させるリスクがあります。

また、韓国の動画を視聴するためには、信頼できる韓国のVPNサーバーに接続する必要がありますが、無料のVPNではそのようなサーバーに接続することが難しいです。

仮に安全なサーバーに接続できたとしても、無料のVPNは十分な運営費をかけることができず、サーバーの性能が低下する可能性があります。

その結果、サーバー側の情報が漏洩した場合、個人の情報も危険にさらされる可能性があります。

一方、有料のVPNサービスではログを一切残さず、サーバーの提供者による情報漏洩のリスクもほとんどありません。

そのため、無料のVPNよりも安心してネットを利用することができます。

またVPNはウイルス対策ソフトよりも価格が安いです。

windowsであれば標準で搭載されているMicrosoftDfenderでも十分なので、不必要なウイルス対策ソフトを購入するくらいであれば、VPNを購入した方がお得です。

キャンペーンを利用すると格安で利用できるので、試しにVPNを使用してみるのもあり。

おすすめのVPNをすぐ知りたい人はコチラ

VPNを使用するとYouTubeプレミアムなど動画配信サービスを格安で入会できる

これは裏技的な方法になりますが、他の国のVPNサーバーを経由して動画配信サービスに申し込むと安くなる場合があります。

YouTubeプレミアムは日本では月額1180円となりますが、VPNを使用して海外のサーバーを経由することで海外料金で加入することができます。

例えば、ウクライナのサーバーを経由すると月額367円になります。

ただし、国によっては日本のクレジットカードを利用できない場合や、対策が進んでいるため将来的にこの方法が使えなくなる可能性もあります。

ウクライナ367円
フィリピン393円
インドネシア547円
ブラジル582円
ポーランド788円
日本1180円
トルコ209円×
インド216円×
アルゼンチン232円×

韓国にサーバーがあるオススメのVPN

2年プラン1年プラン1か月プランVPNサーバー台数接続先国数同時接続数ログ
MillenVPN月額950円

初回396円
月額950円

初回540円
1360円1300台以上72ヵ国
(中国・ロシアあり)
10台ノーログポリシー
NordVPN月額1260円

初回440円
月額1400円

初回620円
1760円5500台以上60ヵ国
(中国・ロシアなし)
6台ノーログポリシー
Surfshark月額1748円

初回336円
月額1748円

初回539円
1748円3200台以上63ヵ国記載なしノーログポリシー

大手のVPNだと韓国にサーバーがありますが、VPNによっては韓国にサーバーがないVPNもあります。

そのためなるべく信頼できる大手のVPNサービスを利用するのが好ましいです。

大手のVPNだとサーバー数や設置国数が多く、通信速度など安定しています。

今だとキャンペーンで初回割引が適用されるため、格安でVPNサービスを使うことが出来ます。

国産で安さを重視するのであれば「MillenVPN」がおすすめ

海外のサイトを見るのであればMillenVPNがオススメ。

その理由は

  • 日本産VPN
  • 初回割引で月額396円
  • 30日間のトライアル期間
  • 通信速度が安定している
  • 通信料無制限
  • 中国のVPNを使用できる

VPNサービスはほとんどが海外のものになります。

一応、MillenVPN以外のサービスも、アプリやサイトは日本語に対応していますが、返金対応のやり取りなどは英語になります

MillenVPNは月額料金が他のVPNサービスに比べて非常にお得であり、中国のVPNを使用できることも利点です。

実際、VPN業界の老舗であり最大手のメーカーですら、中国にVPNサーバーを設置していません。

中国に対応しているのはMillenVPNのみです。

そのため、中国のウェブサイトにアクセスしたいユーザーにとっても大きなメリットがあります。

MillenVPN
2年プラン (月額)360円
1年プラン (月額)540円
30日プラン1580円

もし使用して気に入らなければ30日間の返金保証があるので、お試しに使用するのもオススメ。

MillenVPN以外のVPNも気になる場合は、有料のVPNサービスを比較した記事もあるので参考にしてください。

MillenVPNなら他の動画サイトも対応済み

VPN接続を使用すると、一部のウェブサイトにアクセスできない場合があります。

たとえば、Amazon Prime Videoなどの動画サイトは一部のVPNでは動画の視聴が制限される場合があります。

MillenVPNでは、公式ホームページで対応している動画サイトのリストが公開されています。

意外と対応しているVODを表記しているVPNは少なく、公表しているということは実際に検証しているということなので信頼できます。

そのため購入しても動画が視聴できないといった問題を事前に防ぐことができます。

韓国のドラマが多く配信されている

  • Netflix
  • Amazonプライムビデオ
  • U-NEXT
  • Hulu

など、幅広く対応しているのが評価ポイント。

まとめ

国や地域の制限によりウェブサイトや動画が制限されている場合、VPNサービスを使用することで回避することができます。

無料のVPNサービスも存在しますが、セキュリティ上のリスクが高いため、可能な限り有料のVPNサービスを利用することが望ましいです。

VPNを利用すると海外の動画視聴が可能になるだけでなく、フリーWi-Fiやウェブサイト閲覧時のセキュリティも大幅に向上させることができます。

そのため、セキュリティソフトに費用を費やす場合でも、現在ではVPNの利用がより価値があると言えます。

初めてVPNを利用する場合、安価で信頼性の高い国産のMillenVPNがおすすめです。

また、初回利用時には大幅な割引が適用されるため、経済的な負担もそれほど大きくありません。