【グラサマ】バレンティアの評価。絶対に育てるべきではない3つの理由

バレンティアは常設のガチャで手に入るユニットで、一見そこそこ使えそうなユニット。

そのため、グラサマを始めて間もない方は育てようかなと思うかもしれません。

もし、少しでも育てようと思ったのであれば、

辞めておいた方が良いです。

この記事ではバレンティアが弱い理由を紹介しています。




 バレンティアの評価

アビリティ
・病気時間短縮率30%UP。病気回避率30%UP

・味方全体の最大HP10%UP(重複なし)

バレンティアはヒーラーとディフェンダーの役割を持つユニットで、グラサマ初心者にも使いやすそうな性能をしています。

アビリティには味方全体の最大HPを10%アップする能力があるので、パーティ全体の耐久力が少し上がります。

奥義がオールマイティに見えて中途半端

グラサマ初心者がバレンティアを見て強いんじゃねって思う理由が、奥義で回復・防御を同時に行うことが出来るからだと思います。

でもこのオールマイティな能力であることがゆえ、全てが中途半端になっていて、とても使いずらいユニットになっているんですよね。

奥義の回復量が少ない

バレンティアは奥義を発動させれば毎秒100回復しますが、正直100じゃあ全然回復が追いつきません。

グラサマ初心者の頃はそもそもダメージを受けた時点で負けみたいなところがあります。

基本的にはシールドの効果が切れる前にシールドを貼るのが鉄則なのですが、攻撃力が高いボスと戦うと直ぐにシールドが解けるので、

100の自然回復くらいだと追いつかないことが多いです。

シールド・自然回復の効果継続時間が短い

バレンティアの欠点はファブルなどのシールドを貼るキャラに比べて、シールドの継続時間が短いことですね。

ファブルは25秒効果が継続しますが、バレンティアはたったの15秒。

15秒って結構あるような気がしますが、実際はかなり短い。

初心者の頃は奥義ゲージも貯めずらいので、なかなか奥義が出せずにシールドの効果が切れてしまうことが多々あります。

装備枠が中途半端

バレンティアはスキル・奥義ともに回復やサポートに特化してますが、装備枠に魔法装備が入っています。

これが結構微妙で、せめて防御であればシールドの効果継続時間の短さを補えたのですが、火力がないバレンティアが魔法を使用してもあまり役に立ちません。

あと回復装備5ってほとんど使えないものが多いです。

なんといっても一回使用すると70秒以上待たないといけないものばかりで、次に使えるようになるまでに戦闘が終了していることがほとんど。

グラサマ上級者になると多少使う機会がありますが、初心者の内はほぼ皆無です。

真奥義がゴミ過ぎる

バレンティアの真奥義は味方全体回復することが出来ますが、その回復量が微妙。

リーゼの奥義と同じ回復量で、追加の効果がスキルCT速度アップという誰も得しない効果。

正直、真奥義使うなら奥義に2回使った方がお得です。

奥義の場合は一回発動させるだけで3000回復したような感じで、さらに自然回復もついてきます。

ただでさえバレンティアの奥義ゲージは溜まらないので、そもそも真奥義溜まるの待っていたらゲームオーバーになります。

まとめ

バレンティアは初心者にも使えなければ中級者以上も使うことがない。

一部のクエストで大活躍!っていうこともなく、本当に役に立ちません。

もし盾役や回復役が欲しいのであれば、ファブルや桜ミラあたりがオススメです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です