前腕を太くしたい人は買っておいた方がいい!筋トレをするのにオススメ器具3選。

女性で前腕が細いのはメリットだけど、男の場合は細いことがコンプレックスになります。

そこで、これから筋トレをして太くしようと思っている人で、最低限これさえあればいいという器具を紹介します。

とは言っても、前腕を鍛えるための必要な器具は意外と少ないです。

2,3個揃えたら基本的に十分です




これさえあればいい。前腕を鍛えるために必要な器具3選。

前腕を鍛えるにはダンベルがあれば基本的に全て事足ります

ただ、ダンベルの場合だとセッティングに手間が掛かったり、トレーニング自体し辛いです。

そこで、ダンベル以外にあると便利なものを紹介します。

EZバー

EZバーはリストカールリバースリストカールをするときに役に立つ器具です。

EZバーの特徴はバーが曲がっていて、持ちやすく手首を曲げやすいことですね。

ストレートのバーだと手首が外側にひねられた感じになり、持ちずらく手首も痛めやすいですね。

ダンベルでもリストカールなどは行えますが、ネジ巻き式のダンベルだとプレートの交換に時間がかかります。

ダンベルだと二つのダンベルのプレートを変えなければなりませんが、EZバーだと一つだけで済みます。

 

リストカール

リバースリストカール

トライセプスバー

 

トライセプスバーはあまり有名器具ではないので、初めて見る人も多いかもしれません。

この器具はハンマーカールをするときに役に立ちます。

EZバーとの違いは、持つ手が地面に対して垂直であるということですね。

ダンベルとの大きな違いは、両腕を同時に鍛えたい場合で重い重量扱うときに動作がしやすいことですね。

ダンベルの場合だとそれぞれが独立しているので、ダンベルを同時に上げる場合バランスを取るように意識する必要があります

だけどトライセプスバーの場合はバランスを意識する必要がないので、筋肉に意識を集中しやすいと言えます。

鍛えられる部位

鍛えられる部位は日常生活でよく使われる腕橈骨筋が鍛えられます。

例えば、段ボールを持ち上げるときや、買い物で袋を持ち上げるときなどですね。

 

ハンマーカール

ハンマーバー

ハンマーバーは手首のスナップ力を鍛えるのに有効な器具です。

主にアームレスラーの人が使用しています。

鍛えられる部位は手首のほかに、ハンマーカールと同じで腕橈骨筋も鍛えることが出来ます。

腕相撲が強くなりたい人にもオススメ。

リストハンマーのコツ
・上げる回数は多めがいい。15~30回くらい。

 

リストハンマー

プレートをセッティングするのにあると便利なアイテム

バーベルカラー

筋トレをしているとウォームアップや本番セットをするたびに、ダンベルプレートを頻繁に交換します

でも、市販に売られているネジ巻き式のダンベルだと、ネジを外すのに時間が掛かってとても面倒です。

ですが、バーベルカラーならレバーを開くだけで、数秒でネジを外せることが出来ます。

あとネジ巻き式だと筋トレをしている最中にネジが動いて、プレートがズレるということも頻繁にあります。

だけど、バーベルカラーはズレることがなくなるので、プレートのバランスが崩れる心配がなくなります。

値段もそこまで高くないので筋トレをずっと続けるのであれば、早めに購入しておきたい商品ですね。

 

番外編:筋持久力と握力をつける器具

パワーボール

パワーバールは前腕の筋肉を満遍なく鍛えるのに適しています。

パワーボールの効果
・筋持久力が鍛えられる。
・手首のスナップ力が鍛えられる。
・握力が鍛えられる。
・前腕を全体的に鍛えることが出来る。
・手首を痛めるリスクがない。

パワーボールはリストカールとは違い遅筋繊維も鍛えることが出来るます。

欠点は腕を太くするのには適していないことです。

テニスやボルダリングなど常に握力を使うスポーツをしている人で、手の力持久力を付けたい人はパフォーマンスを上げるのに役に立ちます。

ハンドグリッパー

握力を鍛える器具の代名詞というえばハンドグリッパー。

瞬発的な力を出すことの出来る速筋繊維を鍛えるのに適していて、物を握る力をつけるには最適の商品です。

ただハンドグリッパーの弱点は、握る力は鍛えることは出来るけど腕を太くすることが出来ないという欠点があります。

もし全身の筋トレをがっつりしている人、又これからしようと思っている人は、自然と握力も強くなるのであまり必要のない道具と言えます。

本格的なハンドグリッパー欲しい人向け

世界的に有名なハンドグリッパーがキャプテンオブクラッシュグリッパーです。

通称COC。

COCは重りの種類が多く、11段階あります(27kg~165kgまで)。

COCの欠点はアームレスラーのような皮膚が分厚い人じゃないと、素手で握るとめちゃくちゃ痛いです。

しかもランクが高いものは高価なので、マニア向けの商品ですね。

調整可能ハンドグリッパー

 

最後に

握力はダンベルがあれば鍛えることが出来ますが、両腕を同時に鍛える場合は動作がし辛かったり、プレート交換が物凄く手間になります。

ですがEZバーがあればダンベルのデメリットを全て改善できます。

なのでEZバーを持っていない場合は、せめてこの商品だけは買っておいた方がよいでしょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です