【グラサマ】カイトの評価と性能解説。状態異常付与能力は超優秀。

カイトは高確率で状態異常を付与できる優秀なキャラ。

だけどインフレが進んでいる現在では雑魚キャラのカテゴリに入ります。

ただし、クエストによっては必要になってくる場合もあります。

この記事ではカイトの評価と性能について解説しています。

カイトの評価について

アビリティ
・味方全体の、毒・麻痺時間短縮率、回避率30%UP。
敵が毒状態時にCRI率50%UP(重複なし)

・麻痺時間短縮率70%UP、麻痺回避率70%UP

・装備スキルCT速度を10%UP

状態異常付与に優れている

スキルで高確率で毒状態に出来る

スキルで状態付与できるキャラは沢山いますが、

カイトのように高確率で状態異常に出来るのはかなり稀です。

毒自体は大したダメージになりませんが、

クエストによっては毒状態にならないとダメージを与えられないボスもいます。

そういった敵と叩くときに役に立ちます。

奥義で麻痺状態にもできる

そして、敵が毒状態の時に奥義を打つと高確率で麻痺状態に出来るのも優秀。

1体で二つ以上の状態異常を付与出来るのはカイトだけです。

アビリティでクリティカル率アップ

カイトのアビリティには敵が毒状態だと、味方全体のクリティカル率が50アップします。

カイトはスキルで毒状態に出来て奥義ゲージを貯める必要がないので、

初心者でも簡単に毒状態に出来るのがメリット。

カイトの欠点

カイトは毒と麻痺の二つの状態異常をすることが出来ますが、

逆にそれがデメリットにもなります。

何故かというと、クエストには毒状態にしないとダメージを与えることが出来ないクエストがありますが、

スキルだけでしか毒状態に出来ないので、毒状態に出来なかったときにダメージを与えれない期間が多くなります。

もし奥義とスキルで両方毒状態に出来れば、スキルで毒状態に出来なくても奥義でカバー出来ますが、

それが出来ないので、結局役に立たないってことが多いです。

さらに奥義は毒状態じゃないと麻痺にならないので、

ボスの奥義をキャンセルさせたい時に麻痺に出来ないことも多く、使いづらいです。

まとめ

カイトは毒と麻痺両方出来て優秀に見えますが、実際に使ってみると微妙に使い勝手が悪いです。

スキルも高確率で毒状態に出来ると設定されてますが、意外と毒状態にならないことが多いです。

なので毒耐性を下げる装備がないと、肝心な時に役に立たないキャラで終わるキャラです。