MEGAのダウンロード制限を解除する方法

MEGAを使ってるけど、すぐに転送容量制限を超えましたと表示されてダウンロードできなくなるんだよな。

一応待てばダウンロードできるようになるけど、待つの面倒くさいし解除する方法はないだろうか?

MEGAはダウンロードのスピードが速く使い勝手がいいサービスですが、無料で使用すると5GB以上ダウンロードするとすぐに転送容量が枯渇してダウンロードをすることが出来なくなります。

一応一定の時間が経てば再びダウンロードをすることが出来ますが、

  • 表示されている時間を待っても転送容量が回復しない場合もある
  • 大容量のデータをダウンロードしたい場合、いちいち待ってられない
  • 5GB以上のファイルを一括でダウンロードできない

こういった問題があります。

この記事ではMEGAを使用していてダウンロードの転送容量制限を超えてしまった場合の対処法について紹介しています。

MEGAのダウンロードの容量制限を解除するには

MEGAのダウンロードの転送容量制限はIPアドレスごとに割り振られています

そのためログインやログアウトをしたり、異なったアカウントを使用してもIPアドレスが同じであれば容量が一杯のままで、継続してダウンロードをすることが出来ません。

IPアドレスを変更すれば転送容量が0の状態になり、再びダウンロードを継続することが出来ます。

そのため転送容量が不足するたびにIPアドレスを変更すれば、無制限にダウンロードをすることが可能になります。

なのでこの方法を使用すれば5GB以上のファイルもダウンロードすることが出来ます。

転送容量が不足した時の対処法
  1. 制限が解除されるまで一定時間待つ
  2. ルーターの電源を切って再起動させる
  3. 月額課金する

IPアドレスを変更するには

IPアドレスの変更方法は

  1. ルーターを再起動する
  2. VPNというソフトを使用する

この二つがあります。

まずルーターを再起動するについては誰でも手っ取り早く出来ますが、いちいち電源をオンオフする必要があるためお勧めしません。

なのでVPNを使用してIPアドレスを変更するのがオススメ。

手順
  1. 転送容量制限が表示される
  2. IPアドレスを変更する
  3. ページを更新する
  4. 再開をクリックする
  5. 再びダウンロードが開始される

VPNとは

VPNは仮想のプライベートネットワークのことで、VPNサーバーを経由させて通信を行うことで匿名でサイトにアクセスすることが出来ます。

VPNなしでサイトにアクセスするとIPアドレスが丸見えの状態で、住んでいる市町村くらいまで特定することが出来、情報も漏洩しやすいです。

ですがVPN接続をするとサイト側ではVPNサーバーのIPアドレスしか分からなくなり、個人のIPアドレスを隠すことが出来ます。

また通信の情報も暗号化されるので、セキュリティも強化されます。

無料版と有料版のオススメのVPNソフトについて

VPNソフトは無料版と有料版があります。

無料版についてはほとんどのVPNサービスは通信制限が厳しく、月間の通信制限が良くて10GBで酷いところでは500MBのところもあります。

そのため無料版のVPNではMEGAで容量の大きいファイルをダウンロードするには不向きです。

無料のVPN接続サービスならProtonVPNがおすすめ

無料のVPNサービスは基本的には通信制限がありますが、唯一通信制限なしで使用できるのがProtonVPNです。

ProtonVPNは無料なのに通信制限だけでなく、セキュリティ面も高くてオススメのサービスです。

ただしサイトが日本語に全く対応していないので、敷居が少し高いですね。

あと通信速度も有料のVPNに比べて遅いのが欠点となっています。

無料で利用できるサーバーの数も少なくなっているので、一度に大量のファイルをダウンロードするのには向いていません。

完全無料で使用したいのであればVPNGate

ProtonVPN以外にも無料で使用できるソフトではVPNGateというのがあります。

VPNGateは筑波大学における学術的な研究を目的として実施されているオンラインサービスで、世界中でボランティアでサービスが提供されています。

ただ気を付けておきたいのがサービスを提供しているところの所在が不明なので、信頼性に欠ける点です。

サーバーの提供元によっては個人情報を悪いことに使用する可能性もあるので、必ずしも安全とは限りません。

有料版のオススメVPN3選

  • Millen VPN
  • NordVPN
  • アバスト セキュアラインVPN

有料版のVPNは無料版に比べて通信速度が速く、セキュリティや強固なので信頼性があります。

今回紹介した3つのVPNサービスはセキュリティ面や知名度、信頼性が非常に高いです。

サイトも全て日本語に対応しており、購入する敷居も低くてオススメです。

アバストなんかは無料のセキュリティソフトのメーカーなので、知っている人も多いと思います。

価格比較

Millen VPNNordVPNアバスト
セキュアラインVPN
3年プラン
月額
968円
2年プラン
月額
950円
(初回460円)
1年プラン
月額
1,078円950円
(初回570円)
437円
1か月プラン1,628円1,370円

VPNの値段を安く済ませたいのであればアバストが一番オススメです。

MillenVPNとNordVPNは基本的には同じ価格帯ですが、NordVPNの場合は初回の場合のみ大幅な割引があります。

初回というのは初月だけ割引という訳ではなく、期間内月額料金の割引が適用されます。

有料のVPNのサービスを初めて使う人であれば、VPN大手のNordVPNがいいでしょう。

有料のVPNを使用したいけど、なるべく安く済ませたい人はアバストセキュアラインVPNがオススメです。

MEGAかVPN、課金するならどっち?

VPNに課金するくらいならMEGAに課金した方が良くね?

だってMEGAなら月額680円で1TBまで転送できるし。

結局課金したら元も子もなくね?

MEGAで大量にダウンロードしたいだけなら、正直MEGAに月額課金した方がいいですね。

結局MEGAの制限を突破したい人は、お金を掛けずに無制限にダウンロードしたい訳ですし。

ではVPNに課金するメリットについて紹介します。

有料VPNにするメリット

  • PC・スマホのセキュリティが大幅に強化される
  • 日本からだとアクセスできない海外サイトも見ることが出来る
  • 無料のVPNより通信速度が速い
  • 海外のVPNを経由することにより正しい情報を知ることが出来る
  • 海外からでも日本のサイトにアクセスできる
  • パソコンのセキュリティソフトが不要になる(windows限定)

有料のVPNにするメリットはざっとこんな感じです。

インターネットのセキュリティが大幅に強化される

有料のVPNするメリットは何といってもセキュリティ面の強化ですね。

まず個人のIPアドレスを隠すことが出来るので匿名性が格段に増します。

しかも契約しているインターネットのプロパイダにも情報がほとんど残りません

さらにVPNサーバーを経由することにより情報のやり取りが暗号化され、通信の盗み見などがされなくなります。

特に有料のVPNサービスはパソコンだけでなくスマホにも使えるので、例えば空港や施設などの無料WIFIを使用する時に情報を盗み見されたり改ざんされるといったリスクもなくなります

なのでクレジットカードの情報漏れの心配もなくなります。

日本のアクセスを禁止しているサイトも視聴できる

VPN接続をすることで日本のアクセスを制限してるサイトも視聴できるようになります。

特に中国のサイトは日本のアクセスを禁止している場合が多いです。

ですが海外のVPNサーバーを経由することにより、アクセスに制限があるサイトも見ることが出来ます。

無料のVPNサービスより有料の方が通信速度が早い

無料版のVPNより有料の方が通信速度が早いです。

なのでダウンロードを早くしたい人や、ネットの閲覧を快適にしたい人は有料の方がいいですね。

海外のVPNを経由することにより正しい情報を知ることが出来る

結構これはマイナーな用途ではありますが、海外の情報を収集したい時にVPN接続をすることで、日本からでは知ることが出来ない情報も得ることが出来るようになります。

海外からでも日本のサイトを見ることが出来る

VPN接続すると海外からでも日本のサイトを視聴することが出来ます。

例えばYahooJapanも海外のIPアドレスからだとアクセス出来ない記事があったり、youtubeも日本以外は視聴制限が掛かる場合もあります。

なので海外に住んでいる人や海外旅行によく行く人にもVPNはオススメです。

セキュリティソフトが不要になる

パソコンでウイルスバスターなどのソフトでウイルス対策している人は、購入する必要性がなくなります。

というのも昔はwindowsの標準セキュリティだとウイルス対策は不十分でした。

ですが現在ではMicrosoft Defenderノートンなどのセキュリティソフトとセキュリティ面で大差がないです。

なのでそもそも有料のセキュリティソフト自体購入する必要がなくなりました。

そしてVPN接続をすればさらにセキュリティが強化されるので、ウイルス対策ソフトを買う必要性もあまりないですね。

有料のVPNを購入するデメリット

有料のVPNサービスを利用するデメリットは、

  • MEGAの容量が頻繁に一杯になり、いちいちIPアドレスを変更する必要がある
  • 値段がそこそこ負担になる

有料のVPNにするデメリットは、ほぼ無制限にダウンロードできるようになりますが、転送容量が枯渇するたびにIPアドレスを変更する手間があります。。

特に大容量のファイルを大量にダウンロードしたい人などは、いちいちIPアドレスを変更してページを更新して、ダウンロードを再開するのが結構面倒くさいです。

なので大容量のファイルを頻繁にやり取りする人は、MEGAの月額課金を利用した方が無難ではあります。

まとめ

MEGAの制限を解除したい場合は、

  1. 無償のVPNサービスを利用する
  2. 有料のVPNサービスを利用する
  3. MEGAを月額課金して利用する

かになります。

お金を掛けたくない人は無償のVPNサービスでOK。

ただし無償でサービスを提供しているところは少なく、セキュリティ面が少し不安です。

有償の場合はお金はかかりますが、通信速度やメーカーの信頼性、セキュリティ面の心配は少なくなり、海外のサイトにもアクセスしやすくなります。

ただMEGAの月額課金と違い大容量のファイルをダウンロードする場合は、IPアドレスを変更するのが手間になりますね。

個人的には大容量のファイルを一気にダウンロードする機会はほとんどないので、ネットを頻繁にする人であれば匿名でセキュリティ面も強化できるVPNサービスがオススメですね。

有料のVPNサービスを利用するのであれば初回が格安のNordVPNがオススメで、あまりお金を掛けたくない場合はアバストがベストになります。