【グラサマ】引きなおしガチャ・ランキング!強いキャラだけピックアップ。

引き直しガチャはお目当てのキャラが出るまで何回でもやり直せるガチャですが、グラサマを始めたばかりの人だと、

キャラの数が多すぎて、どれを選んでいいか分かりません。

この記事ではグラサマで強キャラとされている、当たれば確定しても後悔しないユニットをメインで紹介します。

キャラの選定基準はなるべく初心者から上級者でも使えるもので、最強レベルの性能のものを選んでいます。

あと全く使えないもの以外はほとんど紹介していますので、判断基準の足しにしてください。

超大当たりキャラ ランキング!300万 超引き直し召喚 期間2020.5.12~2020.7.1

ヴォックス

特徴
・敵に与えるダメージが最強クラス

・味方全体クリティカル率100%

・奥義ゲージが非常に上がりやすい

・味方のHPを回復出来る

・援護装備5を持てる

ヴォックスはグラサマで最強レベルに攻撃力が高く、中長期戦向きのアタッカーです。

自身の火力の高さだけでなく、味方全体のクリティカル率も100%になるので、

防御力の高い敵でも防御力を無視してダメージを与えることが出来ます。

さらに奥義で味方のHPを30%回復することが出来て、奥義ゲージも非常に上がりやすいです。

援護装備5を持つことが出来るので、序盤で必須級の装備従魔の心玉を持てるのが強み。

【グラサマ】ヴォックスの評価。最上級の火力+援護能力で非の打ち所がない最強キャラ

システィーナ

システィーナの強いところは奥義だけで、

  • 味方の被ダメージを無効
  • 奥義ゲージをアップ

を同時に行えることです。

序盤はダメージ無効化は要素なのですが、ディフェンダーをいれると奥義のサポートが不足することがよくあります。

システィーナはそういったディフェンダーの欠点がないので、非常に使いやすいです。

あと真奥義で、

  • 物理攻撃2倍
  • 敵の被ダメージ

のダブルで火力アップ出来るため、ワンパンにも使えますし、レイドなどの長期戦にも活躍出来ます。

初心者から上級者まで使えるキャラです。

ノルン

特徴
・真奥義で奥義ゲージアップ+自身のHPを回復出来る

・奥義で麻痺付与

・敵の状態異常を下げることが出来る

ノルンはとにかく真奥義の奥義ゲージサポートが強力で、奥義ゲージ自然上昇だけでなく、即時アップもついているのはノルンだけ。

真奥義だけでトータルで80も奥義ゲージを上昇出来ます。

さらにステータスアップによりHPが14000近くまで上昇し、最大HPが上昇した分、自身のHPも回復します。

そのためノルンだけなかなか倒されずに生き残ります。

スキルで敵の状態異常の耐性を下げることが出来て、敵は麻痺や氷結になりやすく、ノルンの奥義で確実に麻痺させることが出来ます。

【グラサマ】ノルンの評価。奥義回しとステータス全てが最高峰のフェンの上位互換。

桜ミラ

桜ミラはダメージ無効と回復を同時にこなすことのできるキャラで、無効化値が高いのがポイントです。

回復量はそこまで高くないですが無効化値が高い分、よほど火力が高い敵でなければ、ミラの回復だけで十分事足ります。

中級者以上になると樹属性パーティを編成するのに役に立ちます。

  • 奥義で樹属性の火力をアップ
  • アビリティ樹属性の与ダメージ1.3倍

このような特性があり、イベントをワンパンで高速周回するのにも使えます。

援護装備5を持つことが出来、真装備をチケットで交換することで序盤でも非常に使いやすくなります。

【グラサマ】桜ミラの評価。回復もできる最強のディフェンダー。

ベリック

特徴
・味方全体の火力アップ

・奥義で味方の奥義ゲージをアップ出来る

・自身の奥義ゲージが上がりやすい

ベリックは真奥義で属性関係なく味方の与ダメージを1.5倍に出来るため、通常の戦闘だけでなく、高速周回用のワンパン要因としても使えるキャラ。

一応火属性キャラだとダメージが2倍まで跳ね上がりますが、火属性統一パーティを組まなくてもベリック単体で完結しているキャラです。

序盤は奥義を発動してるだけでも敵にダメージを与えつつ、味方全体の奥義ゲージを上げれるので、役に立ちます。

berikku

【グラサマ】ベリックの評価。味方の火力2倍!奥義ゲージサポートも出来る炎属性最強アタッカー

闇シーリア

闇シーリアは火力と奥義ゲージアップの能力はトップクラスです。

  • 与ダメージ2倍
  • 奥義自然上昇毎秒6アップ

圧倒的な強さですが、そのかわりバトル開始時から最強という訳ではなく、

  • 奥義を発動してチャージしなければならない(最大5回)
  • 味方のフォローも必要

序盤では扱いが少し難しいのが欠点。

ただ、後々絶対欲しいって思うくらい強いので、序盤で入手しても問題なし。

【グラサマ】闇シーリアの評価と使い方。長期戦なら最強のアタッカー。

ロゼッタ

ロゼッタは援護キャラでは個人的にナンバーワンのキャラです。

真奥義はフェンと同じ味方全体の奥義ゲージアップがありますが、

  • 自身の奥義ゲージ上昇量が高く、マギアドライブ時に毎秒10ずつ上昇すること
  • 援護装備5を二つ持てること
この点がロゼッタの最大の特徴です。

他のマギア勢と違い奥義と真奥義を交互に発動することで、常に強化状態を維持できることがポイントです。

ただしマギアドライブ自体、初心者にすこし不向きです。

従魔の心玉を最低でも二つくらい持ってないと、使いこなすのは難しい。

【グラサマ】ロゼッタの評価。サポーターでは最強クラスでサブアタッカーとしても優秀。

闇フェン

特徴
・バトル開始時味方の奥義ゲージ50アップ

・味方全体の奥義ゲージアップ

・暗闇で敵からのダメージを抑える

闇フェンは主に味方の奥義ゲージをためるのに使えるキャラで、バトル開始時の味方の奥義ゲージを50もアップ出来ます

初心者のうちは奥義ゲージをためることが非常に大変で、奥義ゲージをためる前に倒されることもあります。

闇フェンがいるとバトル開始時が少し楽になるのでおすすめ。

闇フェンは闇統一パーティに編成すると真価を発揮しますが、属性がバラバラのパーティでも十分使えます。

通常フェンと同じような性能ですが、闇フェンは援護4が持てなくなっているので、使い勝手で言うとフェンの方が使い勝手がいいかもしれません。

ウィーバ

特徴
・奥義で攻撃無効化と奥義ゲージアップを同時に出来る

・真奥義で味方全体の火力アップ

・援護装備5と4がもてる

ウィーバは奥義で、ダメージ無効と奥義ゲージアップを同時に行えるキャラ。

真奥義で味方全体の火力をアップ出来ます。

ただし、

  • 水属性耐性ダウンは水属性パーティじゃないとあまり意味がない
  • クリティカルダメージを与えないと、真奥義は火力アップが適用されない

ので、システィーナよりは使い勝手が悪いです。

ただシスティーナと違って援護装備5をもてるのが強みです。

【グラサマ】ウィーバの評価と使い方。ほぼ最強キャラで死角なし。

セティス

特徴
・ディフェンダーとブレイカー両方の性能を持っている

・ダメージ無効化と被ダメージカットで、驚異の鉄壁を誇る

セティスは庇う系のダメージ無効化キャラでは最強のユニット。

ダメージを無効化出来る値が高いだけでなく、マギアドライブ発動時は常に被ダメージを25%もカット出来るので、とてつもなく硬いです。

あとスキルのブレイク耐性を下げる効果あり、ブレイカーとしても優秀です。

マギアドライブ状態で味方を庇うようになると、奥義ゲージも上昇しやすくなります。

ただセティスにも欠点があり、マギアドライブ状態にして奥義を発動させるまで労力が掛かりすぎます。

ですが、最終的には喉から手が出るほど欲しくなるユニットなので、このユニットが出れば確定したほうが良いでしょう。




【グラサマ】セティスの評価。驚異の25000ダメージ無効化。常時被ダメ25%カットの鉄壁キャラ

当たりキャラ。高性能で使える強キャラ

フェン

フェンは奥義ゲージをサポートするユニットがない人は、是非手に入れておきたいユニットです。

フェン1体いれば奥義ゲージが溜まらなくて困ることから解消されます。

さらに援護装備が2枠あるので、奥義ゲージをアップ出来る装備をすれば、さらに奥儀の回転率が早くなり、

ずっと俺のターン状態にすることも可能です。

ただ当ブログでは、英雄交換チケットで必ず交換するべきユニットと指定してるため、あえて超大当たりキャラには含めませんでした。

【グラサマ】フェンの評価。序盤で入手出来る最高のサポーター

ソニエ

ソニエは初心者向けのサポーターで

  • 奥義で奥義ゲージを上昇出来る
  • 援護装備5を二つ持てる
  • パーティにいるだけで味方全体の最大HPアップ

そのため最初は従魔の心玉を二つ持たせることで、奥義ゲージ回しが出来るようになります。

ソニエはイベント高速周回用に活躍する中上級者向けキャラ

ソニエは実はワンパンユニットとして重宝されます。

何故かというと、

  • 新奥義で味方全体の奥義ダメージ量アップ
  • アビリティで味方全体のクリティカルダメージアップ
  • アビリティで味方全体の命中率アップ
  • 援護装備5を二つ持てる

ゲシュペンスト零やアメルのレターパックを持たせることで、クエスト開幕から真奥義をはなってボスを瞬殺出来ます。

【グラサマ】ソニエの評価。ワンパンに使える、援護・サブアタッカーとして最強キャラ

リザ

リザは味方の装備の回復速度が1.5倍になるという理由で、上級者からはチート性能と評価されています。

さらに光属性・魔法耐性を下げることが出来るので、光属性パーティでワンパンするときなどにも活躍出来ます

ただし真奥義の装備CT回復速度アップは

  • 強い装備が整っていないとあまり意味がない
  • 光属性ワンパンは上級者向け

こういったこともあり、序盤はそこまで強さを感じることが出来ないでしょう。

ただし援護装備5を持てるのと、奥義で奥義ゲージアップが出来るので、序盤でも使い道があるキャラです。

レム

レムは敵を弱体化させる系のサポートを得意とするユニットです。

奥義がかなり優秀で、

  • 敵の攻撃力と守備力を大幅ダウンさせることが出来る
  • 敵の弱点属性ダメージを増加させることが出来る

特に占星術というアビリティが優秀で、各曜日に応じて

  • 属性ダメージを大幅アップ
  • 属性ダメージの耐性もアップ

占星術は高難度クエストを攻略するのに活躍するので、グラサマ上級者になると需要が高くなるキャラ。

必須級という訳ではないですが、引き直し召喚の期限が迫ってきて当たった場合は交換するようにしましょう。

【グラサマ】レムの評価と強すぎる理由について。真装備は必要なのか解説。

メリア

メリアはグラサマで唯一、敵の時を止めて行動を妨害する技を持っています。

麻痺や氷結と違って、耐性関係なく動きを止めることが出来るのが特徴。

ただ、麻痺や氷結はボスの奥義をキャンセルする事ができますが、時止は行動を止めるだけです。

メリアが役に立つのは奥義ゲージの上昇が早く、奥義を連打してくるボスや、試練の回廊の21階で役に立ちます。

メリアは尖った性能で場所を選ぶので、必須キャラではありません。

引き直し召喚の期限が迫ってきて当たった場合は、交換するようにしましょう。

【グラサマ】メリアの評価と使い方。時止めが強すぎる

サンストン

完全にディフェンスだけのユニットです。

奥義のダメージ無効化する値が非常に高く、効果継続時間も長いです。

新奥義には被ダメージを軽減させる効果があるので、奥義と新奥義で使い分けることが出来ます

ただ、奥義ゲージの上昇が遅く、装備で補わないと少し使いずらいと感じるかもしれません。

ですが初心者から上級者まで使えるキャラです。

【グラサマ】サンストンの評価。盾役最強、防御装備2枠と被ダメージ軽減で上級者向け。

フィリア

フィリアは奥義が初心者向けで使いやすく、ダメージ無効と回復を同時に出来るので、パーティの編成の幅が広がります。

あとディフェンダーは奥義ゲージが溜まりずらいですが、フィリアの場合は奥義で奥義ゲージも上昇出来るので、初心者でも非常に使いやすいです。

真奥義で状態異常を無効に出来るので、状態異常を頻繁にしてくる巨大ボスと戦うときに活躍します。

【グラサマ】フィリアの評価と使い方。ダメージ無効・回復・状態異常対策を1体で完結

プラチナ

プラチナはブレイク能力がトップクラスのキャラで、時限クエストの覚醒の魔鎧を攻略するのに必須級のキャラ。

プラチナはブレイクだけでなく気絶も付与できるため、ボスの奥義をキャンセルするのに役立ちます。

【グラサマ】プラチナの評価。ブレイクに特化しすぎた最強のブレイカー。

フィーナ

フィーナは状態異常完全回避と自然回復が強力で、初心者から中級者くらいまではとても活躍するキャラ。

特に巨大ボス・時限ボスは状態異常を付与してくるボスが多いので、フィーナがいると役に立ちます。

ただし、真奥義を連打出来ないとあまり役に立たないことが多いので、装備とキャラをある程度整える必要があります。

【グラサマ】フィーナの評価。状態異常を完全無効!強力な自然回復で盾いらずのアタッカ

ジェラルド

セティスと同じ庇う系の奥儀を持ったユニット。

セティスと比べて無効化値は少ないですが、味方の奥義ゲージをアップ出来るのがポイントです。

庇う盾は状態異常も引き受けるので、ゴールドーラなどを攻略するのに役立ちます。

さらにスキルに敵の攻撃力を20%下げる効果があるので、敵から受ける被ダメージを抑えることが出来ます。

初心者にも使いやすく、グラサマでは盾役は超重要なのでこのユニットが出れば確定してもいいと思います。

【グラサマ】ジェラルドの評価。状態異常も引き受け、奥義ゲージもアップも出来る

アッシュ

アッシュは真奥義で敵の被ダメージを1.5倍にすることが出来、属性関係なく味方全体の火力が大幅アップします

さらにボスの奥義ゲージと行動速度を下げることも出来るので、ボスの奥義を先延ばしにすることが出来るのも魅力。

イベントを高速周回するためのワンパン要因でも使えるキャラ。

試練の回廊や属性の遺跡などの高難度クエストでも活躍する、上級者向けのキャラです。

 

ベロニカ

ベロニカは主に高速周回用でワンパンするのに使えるキャラ。

火力はヴォックス並みにあり、ヴォックスよりも水属性ワンパンに適しています。

ヴォックスと違ってマギアドライブなしで、最大火力を出せることがポイント。

敵の被ダメージアップがあるので、結果的に味方全体の火力が上がります。

中上級者向けですがチート級の性能です。

水メリア

水メリアは水属性パーティを組むのであれば、これ以上の性能はないくらいのサブアタッカーです。

  • 味方の火力上げる
  • 敵の被ダメージを上昇

この二つの能力を掛け合わせて、ボスに大きなダメージを上げることが出来るキャラ。

援護5も装備することが出来て、短期戦から長期戦まで幅広く活躍可能です。

ただし、中上級者向け。

持っていて損はないキャラ。

【グラサマ】水メリアの評価。水属性耐性デバフ・火力1.6倍の最強サブアタッカー。

リヴィエラ

リヴィエラは火力がトップクラスの性能で、奥義ゲージが溜まりやすく真奥義を連打できるキャラ。

  • バトル開始時に奥義ゲージ100アップ(ステージ毎)
  • 真奥義発動すると奥義ゲージ100アップ

クリティカル率も自力で上げることが出来るので、敵の防御を貫通しやすい。

ただし攻撃一辺倒のキャラで扱いが難しく、完全上級者向け。

持っていて損はないけれど、序盤に入手しても使いこなせないかもしれません。

あまり注目されてないが使えるキャラ

ミレニア

ミレニアは味方全体のクリティカル率を上げることが出来るキャラで、効果持続時間はバトルが終了するまで続くのがポイントです。

ゴールドーラを攻略するのに役に立ちます。

援護装備5も持つことが出来て序盤でも活躍しますし、難易度の高いクエストでもたまに必要になります。

ココ

ココはボスのブレイクを半分に出来る、固有の真奥義を持ったキャラです。

ブレイクしないとダメージを与えることが出来ないボスと戦うとき時に活躍します。

ココとプラチナなどのブレイカーと組み合わせることで最短でブレイクして、ワンパンでボスを倒したりと、クエストの周回を短縮するのに活躍するキャラ。

中上級者向けですが、持っていて損はないです。

【グラサマ】ココの評価。ボスのブレイクゲージを半分にするブレイカー。

エスト

エストはアビリティの効果で、大型ボスのブレイクゲージを半分にすることが出来ます。

ボスがブレイク中に真奥義を使うと、味方の火力が2倍になるので、ボスをすぐにブレイクして一気に倒すのに役に立ちます。

ただ、エストは味方の援護も必要なキャラで、エストがいなくても全く問題なくイベントを攻略出来るので、特に必須級のキャラではないです。

中上級者向けの性能。

コートニー

コートニーは幅広いデバフ能力を持ったキャラで、

  • ブレイク耐性ダウンは覚醒の魔鎧攻略に使える
  • ボスの状態異常耐性を下げて、麻痺や氷結などで動きを止めやすくできる
  • 敵の攻撃力を下げることで、火力が高い敵にも対抗できる

援護装備も5と4を持つことが出来るので、装備枠も使いやすいです。

ワーグル

ワーグルはブレイク耐性を下げることが出来るので、覚醒の魔鎧などボスをブレイクしないと攻略が不可能な敵と相性がいい。

さらに真奥義は味方全体のブレイク中に与えるダメージを2.5倍になるので、一気にボスを倒すことが出来る。

使い方が少し難しいが、初心者が使っても活躍出来るキャラです。

イフリート

イフリートは自身を燃焼にすることによって奥義ゲージが自然上昇するので、

序盤は奥義を発動して常に燃焼状態にすると、序盤でも使いやすいキャラになります。

クリティカル率も100%になるので火力要因として使える他、

  • 敵の燃焼持続時間が長い
  • クリティカル率100%

という特性からゴールドーラの攻略に超適正キャラです。

ラグシェルム

ラグシェルムは敵を気絶状態に出来るので、巨大ボス・時限ボスの攻略に役に立ちます。

レグルスと違い真武器を持ってなくても強いので、持っていて損はないです。

装備枠が全て★5で、援護5も装備できるので、心玉を持たせて奥義ゲージを上昇出来るのも使いやすいポイントです。

ラグシェルムは強いですが必須ユニットとはいい難いので、できれば他の優秀なユニットを狙ってみたほうがいいかもしれません。

【グラサマ】ラグシェルムの評価と使い方。気絶と高火力が強すぎる。

シュリ

火力でゴリ押しするタイプのキャラ。

攻撃力が高くカイガン状態になると奥義ゲージも溜まりやすくなるけれど、序盤はカイガン状態にもっていくこと自体が厳しい。

レイドなどで体力が多い敵と戦う場合に、クリア時間を短縮するのに使えます。

強いが完全に上級者向け。

ですが奥義で敵を高確率で気絶状態に出来るので、気絶要因であれば序盤でも使えます。

【グラサマ】シュリの評価。真奥義使うほど無限火力が上がるアタッカー

ジーラ

ジーラは見かけによらず意外と強いキャラ。

アビリティで奥義ゲージが自然上昇し、スキルで奥義ゲージもアップ出来る優れもの。

奥義でも自身の奥義ゲージを上げれるほか、自分以外の味方の火力を上げることが出来るサブアタッカー。

援護装備5を持つことが出来て、魔法パーティだとジーラの奥義が最高に強い。

ミクス

ミクスのスキルには無敵になる能力があるので、グラサマ上級者がミクス一人でクエスト攻略したりして遊ばれてるキャラ。

毒耐性を下げることが出来るので、ボスを毒にしないと攻略出来ないクエストで使えたりします。

ただ個人的には、ミクスを使い始めたのは上級者になってからで、分かりやすい強さがないので、全くオススメ出来ないですね。

現在も光属性ワンパンするときくらいしか使ってないです(あと属性の遺跡攻略)。

ダキ

ダキは光属性ワンパンで使えるキャラ。

筆者はワンパンマンコラボのサイタマで、ワンパンをして高速周回するのに使ってます。

真奥義は闇属性のダメージも上がるので、闇属性を編成したワンパンも出来るので、編成の幅が少し広いです。

クリティカル無効の敵相手だと、真奥義で防御力を無視出来るのもメリット。

タマエ

タマエは、

  • 敵の耐性デバフ
  • 真奥義の高ダメージ倍率
  • アビリティのクリティカルダメージアップ

これらの特性によって、とにかく火力が高いです。

味方にクリティカル率を上げてもらうことが最高のアタッカーになれますが、使い勝手は中上級者向け。

もっていて損はないが、序盤はあえて狙っていくほどでもない。

【グラサマ】タマエの評価。4種類のデバフを使いこなす超高火力のアタッカー



ディアス

ディアスは水属性パーティでのみ役に立つキャラ。

回復、火力アップ、ゲージアップを行うことが出来、装備枠も使いやすい。

水の遺跡や試練の回廊で活躍するが、初心者には不要なキャラ。

ニース

ニースは水属性パーティを組む時だけ強いキャラで、特に属性の遺跡を攻略するのに活躍します。

超短期間ですが被ダメージをほぼカット出来るので、強力な奥義を放ってくるボスの攻撃を防ぐのに使えます。

奥義で耐性アップ・ゲージアップ・回復を同時に出来るので非常に強い。

強キャラではあるが、使える場所が限定的過ぎるので、あまりオススメ出来ないキャラ。

上級者になると使いたい時がありますが、初心者~中級者は特に必要なし。

レグルス

レグルスは完全にワンパン用のユニットで、それ以外はほとんど使いみちがありません。

なので完全中上級者向けのユニットです。

レグルスを交換した方が良い人は

  • レグルスの真武器を持っている
  • さらにラグシェルムとソニエを所持している

の条件を満たしている時は交換してもいいです。

レグルスはワンパンパーティではもの凄く役に立ち、イベントを周回することが非常に役に立ちます。

【グラサマ】レグルスの評価や使い方について。イベント高速周回したい人は取るべきキャラ

ミズキ

ミズキは炎属性のボスと戦うときにアタッカーとして活躍出来ますが、おもに試練の回廊26階の高難度クエストで役に立ちます。

そのため中上級者になると少し欲しいなと思うことがあるキャラ。

ミズキは援護装備5を二つ持てるので、序盤でも一応使えるキャラ。

【グラサマ】ミズキの評価。炎獄対策、炎属性に対し特大ダメージのアタッカー

アルズ

アルズは光属性でワンパンするのに役に立ちます。

特にサイタマを持っている人であれば、持っていて損はないです。

一応属性関係なく味方のダメージをアップ出来るので、全属性のワンパン要因として使えます。

カテミラ

カテミラは炎・水・樹のキャラを組み合わせることで、

  1. 真奥義で味方の火力を大幅に上げる
  2. カテミラのアビリティで炎・水・樹のキャラに特殊な能力を付与できる

そのため知名度は低いが隠れた強キャラです。

当たれば確定してもいいレベルの強さではありますが、使い勝手が難しいのでこっそりオススメしておきます。

【グラサマ】カテミラの評価。隠れた強キャラのサブアタッカー

闇ケイン

ケインは真奥義で戦闘が終わるまで永続で味方全体の火力をアップ出来るため、長期戦向けのアタッカー。

レイド向けの性能。

ただ基本火力だけの脳筋なので、序盤はしいて必要なキャラでもないです。

上級者に評価が高い。



期限スレスレ!当たりが出ない時の妥協キャラ

リゴール

リゴールは闇属性の奥義ゲージと敵の闇属性耐性を下げれるので、闇属性パーティを組む場合使えます。

ただ闇属性パーティは敷居が高く、属性の遺跡を攻略するときくらいしか組もうと思わないので、序盤はあまり必要ないです。

エボル

レボルは完全に闇属性ワンパン要因です。

真奥義の物理耐性ダウンはレグルス・ラグシェルムと相性ばっちりです。

ただ筆者はほとんど使ったことがないです。(使えないとはいっていない)

フリード

フリードは自身でクリティカル率を上げることが出来て、自身で奥義ゲージを上昇出来ますが、

  1. 奥義を連打してクリティカル率を上げる必要がある
  2. 味方にクリティカル率を上げてもらう必要がある

手間を考えると特に初心者に進めることが出来るほどの強いキャラではないですね。

フリード自体型落ちのキャラなので、あえて選ぶ必要がないですね。

デューク

マギアキャラですが非常に使いずらく、役に立った試しがない。

一応マギアキャラで強いはずなので、期限がヤバいのならこいつで妥協しよう。

ラプレ

ラプレは援護装備5を二つ持てること以外は役に立たないキャラ。

敵の防御力無視は属性の遺跡で使うときがありますが、超限定的です。

筆者が初心者時代によく使ってたキャラ。

シャシャ

敵の状態異常耐性を大幅ダウンできるので、属性の遺跡などで出現する、麻痺や毒状態じゃないとダメージを与えられない敵と戦うときに活躍します。

ただしシャシャを使いたいと思うのは上級者レベルになってからなので、初心者にはほぼ使い道ないです。




絶対に交換してはいけないキャラ

炎属性

リアンは強いがグラサマコレクションで入手可能であるため、なるべく避ける。

水属性

デイシーは使えるキャラですが、グラサマコレクションで入手出来るのでなるべく避ける。

アリステラは1日1回無料召喚でいつか入手出来るので避ける。

セリアも強いが常設なので避ける。

樹属性

光属性

リーゼはヒーラーとしてメチャクチャ魅力的に見えますが、このキャラは本当に使えないので辞めておきましょう。

闇属性

最後に

引き直し召喚はなるべく今回紹介した

  1. 超大当たりユニット
  2. 当たりユニット

を狙っていきましょう。

超大当たりユニットでベリックとヴォックスを紹介しましたが、当たりユニットよりも優れているかといえばそんな事はありません。

それぞれのユニットで役割が異なっているので、どれも同じくらい優秀です。

ただ初心者のうちは

  • 味方全体の奥義ゲージ上昇出来るキャラ
  • 攻撃を無効化出来るキャラ

のほうが重宝します。

いつまでに確定する?

引き直し召喚の注意点は、引き直し召喚の期限が15日切ったくらいから確定するようにしましょう。

期限ギリギリまで粘って狙いすぎていると

  • 精神的にストレスが溜まる
  • 結局雑魚ユニットを入手するはめになる

そのためある程度いいキャラが出たら思い切って確定した方がいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です