【ドラクエタクト】Sランクの才能開花の優先順位。おすすめのキャラまとめ

この記事では才能開花をする優先順位について書かれています。

 

Sランクの常設モンスター。才能開花の優先順位

メタルドラゴン

才能開花特性
  • とくぎ:ミサイル
  • ミサイルの追撃:自分以外のなかまがこうげきした時、追撃できる位置にいる場合、こうげき対象にまれにミサイルで追撃する
  • いどう力+1
  • すばやさ+40
  • すばやさ+40

メタルドラゴンは素早さ以外のパラメーターが非常に高く、耐久力のモンスター。

才能開花によって致命的な欠点である

  1. 素早さが高くないのでミスしやすい
  2. 有効な特技を覚えない

を克服しているので、非常に使いやすくなりました。

特にミサイルは無属性で遠距離かつ高火力なので、敵の耐性に関わらず安定的にダメージを与えることができ、反撃も非常に強いので、イベントでも闘技場クエストでも使えます。

闘技場との相性○

メタルドラゴンは全てのステータスが高く、火力と耐久力、移動が優れているので闘技場で活躍します。

ウェイトも50でどんな敵にも火力が出せるミサイルが強力なので、Sランク枠ではスタメン入りするでしょう。

あと攻撃力を上げなくても火力が出るので、装備はHP盛りにすると弱点を食らっても1発で倒されにくいです。

高難度クエストとの相性△

メタルドラゴンは高難度クエストでは、抜群による火力を出せないので向いていません。

ミサイルの追撃を期待するのであれば活躍出来ますが、運ゲーになるので使い辛いでしょう。

ジュリアンテ

才能開花特性
  • 特技:大花火打ち
  • ボンオドリの極意:自分がこうげきした時ときどきボンオドリの極意が発動する
  • いどう力+1
  • HP+50
  • HP+50

才能開花後のジュリアンテは移動力+1が追加され、射程3の大花火打ちが使いされたので使いやすくなりました。

火力面も才能開花前は足りなかったですが、ボンオドリの極意によって攻撃時に攻撃力が上がるようになり、火力不足も解消されました。

闘技場との相性○

ジュリアンテはバフと火力に優れているため、闘技場でも活躍出来ます。

トマホーガーやエスタークなどの強キャラがイオ弱点なので活躍の場面が多いです

初手に味方の攻撃力をアップすることで、2~3ターン以内に敵を倒しやすくすることも出来ます。

高難度クエストとの相性○

ジュリアンテは高難度クエストでよく使うキャラです

才能開花前の使い勝手の悪いジュリアンテですら結構使用することが多かったので、才能開花するとイオ弱点の敵相手だと必須級のキャラになります。

他のイオ物理のキャラでデスピサロやテンタクルスがいますが、射程が短く使い辛いものが多いので、遠距離で高火力の出るジュリアンテは非常に役に立ちます。

グレイトドラゴン

才能開花特性
  • とくぎ:ふぶき
  • ヒャド属性息の極み ヒャド属性息の威力を20%上げる
  • 竜の呼吸 息の威力・効果を15%上げる
  • いどう力+1
  • HP+50

グレイトドラゴンはパラメーターが平均的で、才能開花により移動3になったことで、汎用性が非常に高くなりました。

攻撃力もMPも高いので高難度クエストでも活躍できるほかに、闘技場でも活躍できます。

とくぎのふぶきは威力が高く広範囲な割にMP消費が低めなので、高難度クエストでも数を打つ事ができるのもメリット。

とくに闘技場ではよく使用されるキャラは、ヒャド弱点のモンスターが多いので活躍できます。

立ち位置的には竜王に匹敵する強さなので、ある程度覚醒していれば優先して強化していったほうがいいでしょう。

テンタクルス

才能開花特性
  • とくぎ:スカッドタックル
  • イカした触腕 行動開始時自分のHPが100%の場合いどう力を大幅に上げる。効果1ターン
  • 物理の心得 物理の威力・効果を15%上げる
  • HP+50
  • HP+50

テンタクルスはイオ系物理に特化したキャラ。

才能開花によって致命的な欠点である移動力のなさを補えるので、非常に使いやすいキャラになりました。

ですが強キャラというわけでもないので闘技場では活躍の場がないです。

ただし属性物理は高難度クエストで輝くことが多く、高難度クエストの攻略動画で頻繁に出てくる可能性があります。

イオ物理系モンスターを持っていない人はテンタクルスを育てておかないと後悔する可能性が出てきます。

必須の特性
・イカした触腕

ベスキング

才能開花特性
  • 特技:焦熱プレス
  • 自分が体技で攻撃した時ごくまれに物理を封じる
  • 敵から攻撃を受けた時反撃できる位置にいる場合ぶちかましで攻撃する
  • すばやさ+40
  • すばやさ+40

ベスキングは才能開花によってギラ属性のアタッカーとして活躍出来るキャラになりました。

ベスキングの覚える焦熱プレスは火力も抜群だと1000以上出せて4マス射程なので、死角からも攻撃できるので使い勝手が良いです。

ただベスキングは完凸にして才能開花で素早さ+80にしても400ちょっとしかないため、敵より素早さが低くなりやすい分、体技がミスしやすくなるのがデメリット。

そのため運用するなら完凸しないと安定性に欠ける性能でもあります。

闘技場での評価○

ベスキングはウェイト50のギラアタッカーでは、火力面では上位です。

トマホーガーのボルケーノフレイムより火力が出ます。

そのためHPが800、900くらいの敵ならワンパンしやすいです。

ダークドレアムやキラーマシン2などの敵と相性がいいですね。

高難度クエストでの評価△

ベスキングは焦熱プレスの消費MPが多すぎるため、高難度クエストでの活躍は期待できないでしょう。

ただしMPが多い部類のキャラなので、通常のクエストや高難度でもボスの耐久力が低めであれば活躍の場があります。